新型コロナウイルス感染予防対策を入れたポジショニングと食事介助の基本スキル

投稿者 浜松医科大学 臨床看護学講座 稲垣 圭吾

2020年11月14日に「第10回 看護未来塾勉強会」がWebで開催された。
「withコロナ POSTコロナ社会における看護をともに考える」というテーマで、感染拡大で激変した高齢者のくらしと看取りについて、講演およびディスカッションが行われた。

その中で、新型コロナウイルス感染予防対策を入れたポジショニングと食事介助について基本スキルを作成しているプロジェクトがあったため、ご紹介したいと思う。ベッド上や車いす時における食事のセッティングや介助方法について、写真を用いてわかりやすく説明されている。食事介助の基本を保ちつつ、感染予防対策が含まれている資料となっている。

■ 新型コロナウイルス感染予防対策を入れたポジショニングと食事介助についての基本スキル

「誤嚥を防ぐポジショニングと食事ケアの技術伝承」調査票

看護未来塾:

Home | kangomiraijuku

POTTホームページ:

誤嚥を防ぐポジショニングと食事ケアの技術伝承 ─ ポジショニングで食べる喜びを伝えるPOTTプログラム ─
私達は、食事時のポジショニング技術の向上により誤嚥を予防し、食べる喜びを多くの方へ伝えたいと願っています。

(引用元)「POTTプロジェクト・研究会」

コメント

タイトルとURLをコピーしました