新型コロナウイルスに感染した高齢者の介護の現状

~新型コロナ感染の母親 家で看取るには~ ~介護が受けられない~

投稿者 浜松医科大学 臨床看護学講座 鈴木 みずえ

高齢者が新型コロナウイルス感染した場合、家族が最期まで看取りができないという辛い状況に追い詰められます。このような状況の中、感染覚悟で自宅で最期まで看取ることを決心した家族のドキュメンタリー、さらにはコロナ禍でのそれまで受けていた介護が受けられないご家族のご様子です。
在宅療養の体制を整えるのも大変ですが、新型コロナウイルス感染しているということでさまざまな課題を乗り越えて、叶えられた在宅療養の経過をご家族がビデオで報告しています。勿論、コロナ禍では在宅療養が出来ない方は多いかと思いますが、さまざまご家族の想いや家族介護、施設側の工夫などをお伝えしたいと思いました。

新型コロナ感染の母親を家で看取る

~新型コロナ感染の母親 家で看取るには~

92歳で余命わずかの母親が、新型コロナウイルスに感染。 家族との面会は制限され、残された時間は刻一刻と過ぎていきます。「最期を自宅で看取る」と決断した家族と家族自身が撮影した、母親との最期の日々のドキュメントです。

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

<放送内容がテキストでも読めます>

エラー - NHK
NHK クローズアップ現代&ドキュメンタリー

~介護が受けられない~

新型コロナの影響が長期化する中、これまで利用していた介護サービスが受けられなくなる事態が起きています。家族の負担が増えて介護疲れも深刻化して、感染対策の負担から、経営難に直面する介護事業所も増加しています。

あした介護が受けられない ~コロナ長期化が生む“介護の空白”~ - NHK クローズアップ現代+
2020年10月7日(水)放送。新型コロナの影響が長期化する中で、これまで利用していた介護が受けられなくなる“介護の空白”が、高齢者やその家族の暮らしを揺るがしている。介護サービスを提供する事業所が感染対策を迫られる中、「発熱したら帰宅」「県外と行き来のある家族がいたら利用停止」などの条件が課され、従来の介護サービスを...
ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

コメント

タイトルとURLをコピーしました